記事一覧

5月19日(木)の「カンブリア宮殿」でWACの「白内障疑似体験メガネ」が紹介される

ファイル 142-1.jpg

 5月19日(木)22時から放送のテレビ東京「カンブリア宮殿」は、日本とベトナムで内障や、糖尿病の合併症などの眼科手術を行っているフリーの眼科医を取り上げます。
 長寿社会文化協会(WAC)は、制作会社の求めに応じて、高齢者疑似体験「うらしま太郎」セットの中にある、白内障による色覚変化とぼやけて見える状態、加齢による視野の狭さや薄暗さを疑似体験できるメガネを提供しました。このメガネを使って、白内障の人がどのように見ているかが紹介される見込みです。
 系列局以外の地域では、21日11時からの日経CNBC(CS放送)か後日の地元局の放送をご覧ください。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/next/

一人でも多くの人に光を!
日本とベトナム救う さすらいの眼科医フリーランス眼科医服部 匡志(はっとり ただし)
白内障や、糖尿病の合併症など、誰もが罹りうる「目」に関わる深刻な病気は多い。そのままにしておくと失明の危機もある。そんな眼科手術で、世界でもトップレベルの腕を持つドクターがいる。彼の名は服部匡志。どこの病院にも属さず、フリーで日本各地の病院を渡り歩き、数多くの手術をこなして回る。そんな服部は、月の半分を日本で稼ぎ、半分はベトナムに渡って貧しい人々を無償で治療している。「一人でも多くの人の目に再び光を感じさせてあげたい」。その一心で14年に渡って救ってきた人は、日本とベトナム合わせて3万5千人を超えた。現代の「リアル・赤ひげ先生」、その感動の奮闘記をお送りする。

●高齢者疑似体験プログラム「うらしま太郎」
http://www.wac.or.jp/urashima/urashimataro.html